金子半之助の歴史

和食会の重鎮であり、調理師会の会長でもあった金子半之助。 浅草生まれの金子半之助は誰よりも下町を愛し、和食を愛した江戸っ子です。 その孫にあたる金子真也が幼き頃に祖父より頂いた閻魔帳(レシピ帳)。 その中には、門外不出の『秘伝の江戸前の丼たれ』の作り方があり、この秘伝の 丼たれに合うタネ(材料)との試行錯誤を重ね、ようやく1杯の天丼が完成した。

最新情報